いすみ鉄道    小松谷~久我原

小松谷駅を更に奥に行くとさわじり踏切があり、ここもカーブに菜の花と民家があり風情があります。5W2C4924

 

国道465に戻り東総元駅に向かって走ると、最初の踏み切りは勝浦街道踏切になります。
その付近には、まだ植えたばかりでしょうか、若い桜の木があり、これから年数が経っていけば見事な桜並木が見れるようになるかもしれません。

勝浦街道踏切をわたってから東総元駅付近まで区間は国道から線路を左手に見て平行して走るようになります。

その奥の田んぼのあぜ道にはところどころカメラマンが居て、のんびりした田園風景と列車のコラボが撮れるようです。

国道456を進むと左手に東総元駅があります。

5W2C4930

駅舎によると桜の形をしたかわいい窓がありますので、立ち寄るのもいいでしょう。

ここは菜の花が一段と多く咲き、たくさんの撮影ポイントがあります。

お昼前くらいになると、多くのカメラマンが撮影に訪れます。

東総元駅を過ぎてすぐに左折すると小学校前踏切があり、この付近が撮影の適地となります。

この駅付近は比較的、駐車しやすい環境となります。

5W2C4940

踏み切りを渡ると線路の線路と並行した道を歩いていくと東総元駅に止まる電車を下のアングルから撮れ、普段とは違った角度の写真が撮れます。

5W2C4932

写真中央に見えている道です。

踏み切りを渡らず国道沿いにも菜の花が多く咲いており、久我原方面に向いて、多くのカメラマンが訪れています。

5W2C4933

5W2C5074

5W2C5133

ここから次の久我原駅までは、取り立ててめぼしい撮影地はありませんでしたが、唯一興味が惹かれる場所としては、国道456を東総元駅側から走ってきて、上り坂の大きな左カーブを過ぎた後に左折してすぐにある陸橋くらいですが、ここにも網が張ってあり、撮影するには工夫が必要な感じです。

左折して離合が難しいくらいの狭い道を進むと、左手にバス等が止まっている駐車場があり、それを目印に右への鋭角な細い道を下っていくと、久我原駅があります。

5W2C4962

この駅も人の気配が少ない駅ですが、素材としては面白そうです。

『関東から一番近い秘境駅』としてテレビでも紹介されました。

ただし、車で行くと向きを変えるのが大変なので、右折から先は車では行かないほうが無難です。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ