栃本広場

埼玉での星の撮影地といえば秩父となりますが、山梨との県境に近い栃本広場は暗くてトイレも冬でも完備されており、比較的快適に撮影が出来ます。

空の暗さ・・・・・・・・・・・★★★

アクセス・・・・・・・・・・・★★★(車利用)

トイレあり

自販機・・・・・・・・・・・・なし

旧140号は国道とはいえ、かなり道幅もせまく離合に困難なところもあり、冬場は凍結している箇所もあり注意して走行したい場所です。

5W2C2332

写真は秩父市方面ですが、かなり光害の影響を受けます。

訪れたのは厳冬期でところどころ積雪もありましたが、除雪してあるものの凍結している個所もあり、スタッドレス等の滑り止めは必要です。

栃本広場駐車場は綺麗に除雪されてありました。

冬季は本当に寒いので防寒対策をきちんとして下さい。

防寒対策で忘れやすいのは指先ですが、この手袋は指先も出す事が出来て使いやすい上に防水処理もされているので雨や雪でも安心です。

ニコンユーザーの方は、欲しい逸品ですね。

コチラは、僕も愛用しておりますが、縫製もしっかりしていてフリース素材で暖かいです。

MATIN 撮影用手袋 マルチシューティングクラブXL ワイン M-7858

 

MATIN 撮影用手袋 マルチシューティングクラブM ブラック M-7850

栃本広場は標高がある為、天頂付近はクリアな空を見ることができますが、西側は秩父市からの光害で厳しく、南側西側は良好、北側は樹林帯のため視界不良となっています。

 

 

栃本広場の駐車場から北極星が目視できるのは、北側に樹林帯があるために、限られた位置になりますが、常連さん達に抑えられている可能性大なので、目視で極軸を出すためには早く到着したほうが良さそうです。

栃本広場は寒いので、レンズの曇り止め対策も必要です。

レンズ曇り止め対策はコチラから→レンズ曇り止め対策用品

5W2C2426

撮影した日は、まだラブジョイ彗星が綺麗に見えました。

栃本広場からは西方面となります。

こちらの方は、申し分のない暗さでした。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

地図には記載されていませんが、栃本関所跡付近まで行けば栃本広場の案内板がでていますので、わかりやすいと思います。

秩父市方面から走っていても、140号の分岐点を過ぎてから『栃本広場』の案内板が出ていました。

ゴールデンウイーク前後に星の撮影に行ったなら、その後に朝早い時間に芝桜の撮影もお勧めです。

すいている時間や行き方、芝桜に近い駐車場等の詳細はコチラから→芝桜の芸術的なパッチワークをゴールデンウイークに見るには

彼岸時期なら、星の撮影前に彼岸花は如何でしょうか?

連日の混雑を避けてゆっくり見る方法はコチラから→巾着田の曼珠沙華

冬の時期なら星の撮影前に氷柱の撮影もいいでしょう。

行き方や時期の詳細記事はコチラから→三十槌の氷柱

秩父でのお勧めの宿はちちぶ温泉 はなのやは部屋がとても綺麗です。

もう少しリーズナブルなホテルならナチュラルファームシティ農園ホテルはバイキングも好評でお部屋も綺麗です。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

2 Responses to “栃本広場”

  1. のんち より:

    初めまして、こんにちは

    GWに下見を兼ねて明るい内に栃本広場へ行こうと思い
    140号線を秩父ダムと三峯神社との分岐側から行きました。
    途中3回ほど対向車とすれ違いがありましたが、1回はタイミング悪くバックしました
    ガードレールも無くびびりましたが(^^;
    やはりこの道しか無いですよね?
    今度バイクで偵察行こうかどうしようか悩んでいます。

    まだまだ、星撮り始めたばかりですが
    寄らせて頂きます。

    • kirichan より:

      のんち様   コメント有難うございます。  
      私もそちら側から行きました。
      どちらから来るにしても最終的には同じような道を通ることになります。
      不安であれば明るいうちに行っておいて夜を待つほうがいいと思います。
      幸いココはトイレが完備されていますので長居するには比較的苦にならないと思います。
      私は撮影自体のキャリアがなく、テクニック的なことはお伝えできないので、撮影地の紹介をしています。
      自分自身、写真をはじめてから色々な撮影地を探すのが大変だったからです。
      お互いにルールを守って楽しく安全なカメラライフを送りたいですね。
      これからもよろしくお願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ