どうせ収める税金なら、自分で使いみちを指定したい




納めた税金の一部の使いみちを直接指定できる方法があります。

以前に紹介したふるさと納税ですが、調べれば調べるほどおもしろい取り組みがあります。

ふるさと納税で地域の子育てを応援しよう』なんか如何ですか?

子育て支援のふるさと納税を募集しているのは以下の自治体です。

capture-20160224-111822

内容としては、子育ての不安の相談をする場所を運営したり、不妊治療の支援、子どもたちの医療費の助成等で、自治体によって色々と取り組んでいます。

自分の納めた税金が何に使われるかわからないよりも、一部でも使いみちを指定できるのは良いですね。

他にも、動物保護や管理に使っているところもあります。

capture-20160224-184712

動物園の拡充や新施設の建設費用、災害救助犬やセラピードッグの育成費用等に使われているそうです。

これも市町村からの補助や保護の難しい場面もありそうですから、集まるといいですね。

地域の自然・文化を見直そうという動きが活発化していて、ふるさと納税をこれらの取り組みに役立てている自治体もあります。

capture-20160224-185851

これからオリンピックにむけても、外国人観光客の獲得にも役立ちそうです。

観光だけではなく、歴史的建造物の保護などにも使われています。

自分の納めた税金の使った建物や自然等を見に行く旅行なども楽しいでしょうね。

どうせ納めなければならない税金なら、せめて、一部だけでも、その税金の使い方を指定するなんて如何ですか?



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

好きな時間に、好きな場所で新しい仕事のカタチ
主婦のための求人応援サイトママワークス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ