正体が見えてきたぞ

日々、色々と考えるわけです。

田舎に来て、いろいろな方と会っています。

 

 

会えたのは喫茶店経営のお二方

お一方は、ご両親の不動産経営の管理人として、隣に喫茶店を建てて経営されていて

もう一方は、webデザイナーをしながら、週末だけの喫茶店を経営されています。

1450839751318

失礼だとは知りながら『経営的に成り立つのですか?』と聞いてところ

お二方はニコニコしながら『ギリギリです。』と答えてくれました。

客単価と来ていた来客数から考えて、謙遜で言っている訳ではなさそうです。

どう考えても、『ギリギリ』の言葉に嘘があると思えませんでした。

 

 

多くの人がそうであるように、僕も人よりも金銭的に恵まれる暮らしを目指してきました。

結果として、僕のは叶わない夢に終わりそうですが・・・・・w

そういうのって、『人よりも』っていうところがキーワードで

『相対的な幸せ』を目指してきたわけです。

でも、先に書いた喫茶店オーナーの二人はまったく違う種類の幸せを目指しているみたいなのです。

いや、そもそもそういった類のものを目指していないのかもしれません。

僕は、生活をするために仕事をしていました。

彼らは、生活の一部としての仕事をしていて

仕事も生活も楽しんでいるんです。

1450839651846

厚労省が推進している『ワークライフバランス』ってのがありましたが

彼らは、もう一歩進んでるという

『ワークライフ・インテグレーション』を実践しているみたいです。

これで、彼らの正体が見えてきたような気がします。

都会でランニングコストの高い生活をしていては、この暮らしは無理なのかもしれませんね。

今どきの若い方はすごいなぁと感じた瞬間でした。

まとまりのない話になってしまいましたが

日々刺激的な体験をしていきながら

田舎暮らしを楽しんでいます。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ