都会で消耗してもいいじゃないか

イケダハヤト氏の『まだ東京で消耗しているの?』ってブログが大変良く読まれていますね。

氏は、プロブロガーで後進指導にも熱心で、地方創生にも役立っているようです。

で・・・・本当に地方移住がバラ色なのって思うわけです。

天下の国営放送のクローズアップ現代で『移住1%戦略は地方を救えるか』って番組の調査で

地方移住後の収入の推移を調べていました。

増えた・・・・・・・・・・15.3%

変わらない・・・・・・ 22.5%

減った・・・・・・・・・・62.1%

そして、問題と思えるのが

移住者の6割が年収300万円以下だそうです。

5W2C1246

大半の人が税込みで賞与無しで月平均25万円以下って事ですよね。

殆どの人が国保に入るかどうかわかりませんが

国民保険はいくら』の中で取り上げたように、地方は国民保険は異常に高いです。

国保で広島市なら4万、静岡なら2万、それに市町村民税や国民年金を毎月払ったら

手取りベースで住む場所によっては20万円を切ってしまうわけです。

さ、これで貴方は本当に田舎に住んで幸せですか?

都会で消耗するのもアリなんじゃないか思う方もいると思います。

ここまでを読むと、僕は田舎暮らしを反対しているように思うかもしれません。

でも、そんなことはありません。

どの移住ブログ等を読んでも、田舎はパラダイスのように書いてあるので

住んでみて、話が違うとか幻滅したとかで移住に失敗して

田舎のことを嫌いになってほしくないからです。

しっかりとした、準備と覚悟が必要なのを伝えたいわけです。

5W2C1214

幸いにも、経済的な部分は別として、僕は田舎暮らしを楽しんでいます。

先日も『ロケットストーブ』の作り方を移住者の先輩から教えて頂きました。

ロケットストーブとは、断熱された空間で火が煙突内で高温になり

強烈な上昇気流を発生され、焚き口から空気が吸い込まれ

高温になった空気によって蒔から出た可燃性ガスが再燃焼します。

ほぼ完全燃焼し、火口からは殆ど煙がでなくて

理論的には、火がつく者なら何でも燃料として使えます。

燃焼効率もよく、3.11の時などにも大活躍したそうです。

温かいのは勿論のこと、工夫次第ではピザも焼けるし

煮物もコトコト煮ることができて、家計にも優しいそうです。

これも、田舎暮らしにしか出来ないことですね。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ