まったく不便ではない

田舎暮らしの家の前から星景写真のシリーズです。

5W2C9386

家の前からの撮影は便利です。

雲が途中で出てきても諦めがつきやすいし

寒ければ、家に入ればいいわけですw

さて、田舎暮らしを初めてまる2ヶ月が経ちました。

『都会に一番近い田舎』のキャッチフレーズは全くその通りで

何不自由なく不便も感じないで暮らしております。

都会にいるときより、格段にお金は使わなくなりました。

ただ、田舎だから全てが安いというわけではなく

ポテチの値段は同じだし、野菜が安いかと言えば

『ほんのすこし安いかな、でも新鮮でおいしい』といったレベル

田舎だからって、そんなに物価が違うものではありませんね。

考えてみれば、輸送経費も都市よりもかかるわけですから

都会と同じ値段でポテチを買えるのに感謝しなきゃ

5W2C9400-2

じゃ、何がメリット?

よくよく考えてみました。

とにかくお金を使わなくなりましたw

前は『食事に行こう。』と『どこに食事いこう』と場所の特定をせずに、すぐに出かけていました。

別に決めていかなくても、道路沿いには外食産業が立ち並び、至近の駅もにはたくさんの飲食店があります。

ちょっと出かければ、いろいろな選択肢があったって事ですね。

こちらは、食事処も少ないし、早い時間に閉店しますし、きちんと出る前に決めていかなければいけないので

考えているとそのうち面倒になって出かけなくなってしまうんです。

『結局、不便なだけじゃん』と言われるかもしれませんが

行くよりも面倒になると言う事は、逆に考えれば出なくても家で食べることも出来るということですよね。

浪費家だった僕は、こちらに来て、必要なもの意外は不必要だという事に、ようやく気がついたようです。

なにを当たり前の事を・・・・でも、これが大事なのです。

欠点とまではいかないまでも、そういう癖を直すには、こういった環境が僕には必要だったわけです。

どうです?

貴方は必要でないものを欲していませんか?

5W2C9400-1

玄関でれば、すぐに満天の星。

都会からもそんなに離れていない、この場所で、素敵な環境に感謝しながら暮らしているわけです。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

2 Responses to “まったく不便ではない”

  1. namihei より:

    確かに都会の便利さは無いかもしれませんが、自宅で思い立った時に星を撮影できるなんて羨まし過ぎです。

    • kirichan より:

      namiheiさん  コメント有難うございます。
      朝は雨風がつよく、午後からは暑いくらで、夕焼けもすごく綺麗でした。
      先程までは雲が出ていたのですが、今は、満点の星空です。
      今から、星を眺めるだけにするか、撮影するか贅沢な思案中です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ