姫の舞

姫の舞を見るのは容易なことではありませんでした。

すこし早めに現地に到着しようと出発したのですが、目的地までは困難を極めました。

ほんの数メートル先も見えないほどの深い霧が森の中を走る道路を包みます。

たまにすれ違う対向車も直前まで、その存在を確認するのは困難な程でした。

今日はお前たちが来るところではないと、そう伝えられているような気がしました。

ヒメボタルはメスが飛べないために、個体が移動することが稀で、その地域の独自性を保つことが多く、地域によって光り方や出現する時間帯が大きく異なります。

今回訪れた場所は午後10時過ぎから光りだし、深夜12時をピークに午前2時位までは鑑賞できます。

この日は、午後10時過ぎても霧が晴れず、温度もヒメボタルが活動するにはギリギリの温度のままです。

他にも撮影者がいらっしゃって、その方たちも車から出たり入ったりして森の中を探っているようです。

話を聞くと地元の人らしく、そろそろ諦めようかとの話でした。

11時も近くになった時に、突然に霧が晴れ、小雨も上がってきたので、再度、森の中に入ってみるとヒメボタルが数頭光りだしました。

名称未設定1

地元の方にヒメボタルが出たと声をかけ、一緒に撮影を始めました。

最初は控えめだった姫たちも、時間が経つに連れ、私達の体を光で包み始めました。

名称未設定2

数えきれないほどの光が森の中で煌めきます。

まさに命の光を見ているようです。

地上に降りた天の川のような光景をいつまでも残したいと思いました。

 

ランキングに参加しております。

宜しければ、ポチッと下のバナーをクリックして下さい。

他の方の星景写真のブログもたくさん見ることができます。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ