電力自由化について思うこと

引っ越して、結構な普及率なのが

各家庭の太陽光発電です。

田舎の方がエコについては、関心が高いようですし

地元の有力な工務店が、積極的に勧めているみたいです。

 

 

それと、土地に余裕があるので

大規模ソーラーシステムを使った、売電も盛んです。

数年前に、補助金等も多く出たみたいで

日当たりのよい土地に、結構な割合であります。

最近は売電の金額も下がったようで、新規建設は少なくなったみたいですが

インフレ誘導をしている時に、20年先までの売電金額を固定化しているのは

少々、危険な匂いもします。

gatag-00008686

さて、そういえば電力の自由化が始まります。

で、だいたいどのくらい安くなるかといえば

普通の家庭で年間7000円前後が多いようですね。

月間600円位なので、微妙な雰囲気ですよね~。

100社位が参入予定だとか

それぞれが、既存の電力会社とパートナーシップを結ぶ形になるのか

自家発電をするのか、微妙な感じですよね。

 

 

自由化すると停電が起きやすくなるとか懸念されていますが

電話が自由化されても、さほど、品質が落ちなかった事を考えれば

日本に於いては、さほど心配をしなくてもいいかもしれませんね。

それよりも、その新電力の発電方法は何かってところにこだわりを持ちたいですね。

これからは、発電方法によって電力会社を選ぶことも出来る様になります。

再生可能エネルギーしか使わない会社とか、化石燃料を使うところ、

原子力発電を使うところ等です。

gatag-00010558

中には、地元の山から切り出した間伐林を燃やして発電しているところもあって

電力だけでなく、地元の雇用を生み出しているところもあります。

ライフラインですから、やすかろう悪かろうでは困ります。

切り替える方は、よーく調べて変えるようにしたいですね。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ