ほたるを首都圏で見るなら

首都圏からホタルを見にいくなら、時間的にも個体数も千葉がオススメです。

千葉といっても、アクアラインを渡って南側

君津付近から、外房までのラインが自生のホタルを多く見ることが出来ます。

アクアラインを渡って一番近いのが、君津の『三舟の里』

詳細記事は→『蛍が舞う里

大野0614-1-2

時期的に、そろそろ飛び出す頃で5月末がピークだと思います。

田んぼ等の間近をあるくので、踏み込まないように注意が必要です。

これは、ホタルの棲息地の殆どに言えることですが、マムシ等の蛇がいますのでサンダルは危険です。

最低でもスニーカー、できれば長靴を用意して言って下さい。

もっと、手軽に安全に見たいなら、ロマンの森共和国がオススメです。

有料(ホタル観賞のみなら500円)になりますが、アテンドをしてくれる人も付きますし、マナーが悪い方には注意もしてくれます。

お子様連れならば、ここが一番オススメです。

少し早い時間に行けば、手ぶらでバーベキューも楽しめます。

宿泊施設も用意されています→ロマンの森共和国 ホテルシルクヴィラ&コテージ

期間中は宿泊すれば、自家用バスで会場までの送迎もあるようです。(要問い合わせ)

豊かな自然の中でホタルを見たいなら、清和県民の森がいいでしょう。

地元の方の努力により、ホタルが守られています。

保存会の運営する駐車場に止めて、少し歩けば、人の生活と共生する蛍を鑑賞することができます。

田んぼのあぜ道などを散策しながら、ゆっくりと楽しめます。

詳細記事→里の人に守られたホタルたち

0611大野1

ホタルの乱舞を見たいというのなら、少し、都心から遠くなりますが、大多喜の平沢のタケノコ村の付近がお勧めです。

まさに『ホタルの乱舞』という感じです。

数か所の観察スポットがありますが、有料駐車場わきからいける展望台からみる風景はまさに絶景です。

川の付近を飛ぶ無数のホタル

川をホタルの光が包みます。

やがて、ホタルに光はシンクロをはじめるころには、訪れた人たちから歓声が出るほどです。

個体の数だけを言えば、日本でも有数だと思います。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

好きな時間に、好きな場所で新しい仕事のカタチ
主婦のための求人応援サイトママワークス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ