よい土地を探す方法

良い土地に出会うにはどうすればいいのでしょうか。

まずは住む地区と条件を限定する事を大前提として考えてみます。

代表的な方法としては4つ

・ネットで探す

・不動産業者に頼む

・ハウスメーカーに探してもらう

・自分の足で現地で探す

市の保留地や区画整理とかを探すのも手ですが、あり得なく広かったり、適当な土地の広さが合ったとしても、ほとんどの場合は開発前なので街のイメージ等が出来ない事が多いようです。
gatag-00004430

ネットで探す

殆ど、どのサイトを見ても同じような物件の掲載ばかりで、あまり変わり映えがありません。

勿論、サイトで一発で条件の合う土地に巡り合った方がいるかもしれませんが、それはほんの一握りだと思います。

SUUMOやアットホーム等は掲載物件の被りが多く、YAHOO不動産は掲載件数が若干多く、他のインターネット物件より独自性があるような気がします。
gatag-00013031

不動産業者に頼む

これは全くの個人的見解ですが、数件回った印象では意外と熱意を感じられません

売れ筋の土地だと、何もしなくても売れてしまうからでしょうね。

比較的、社員の方の年齢層が高く感じられたので、それが印象として残ったのかもしれません。

個人的には、あまり、おすすめできる方法ではないと感じました。
gatag-00012663

充実した子育て環境!【国東市移住サポーター大募集】をご入力下さい。

ハスメーカーで探す

お気に入りのハウスメーカーがあるなら、これは有効な手段です。

希望地区だったり、近い場所にあるハウスメーカーなら、地元不動産屋さんと独自のルートをもっていたりするので、結構、土地が出てきます。

ここで大事なのは、ネットで出ているくらいの土地位は頭に入れておくべきです。

ハウスメーカーと話す際に、色々と土地の条件等を具体的に聞かれますが、その時に、希望地の土地の情報を持っていると思わせれば、ネットに載っていない、ある意味、新鮮な情報を仕入れる様に努力してくれます。

メーカーも家を売るには土地が必要なのはわかりきっているので、こちら側が本気で買う意思を見せれば、本気で土地を探そうとしてくれます。

自分が建ててもいいと思うハウスメーカーの候補が複数あるなら、それぞれに『土地を探してくれ』声をかけておくのも有効な手段だと言えます。

ただし、同じ地域のハウスメーカ同士だと提案してくる土地が被ることも多いので、複数のメーカーに声をかけてしまうと、それぞれが同じ土地で交渉するわけですから、土地の持ち主は複数から依頼が来たと勘違いしてしまい、値を強気に言ってくる場合も多いので気を付けたいところです。

被った土地で良い土地があれば、速やかにハウスメーカーを決めて、本命のメーカーに絞り、他のメーカーには土俵から降りてもらう事が大切です。

全国250店舗以上!住友不動産販売で安心の無料査定!

gatag-00013024

自分の足で探す

結構、これは有効です。

素人が探しても・・・・と思われるかもしれませんが、現地を自分の目で見るという事は一番大切です。

空き地に看板が立っていて、ネットではわからなかった物件も出てきます。

1473820320659

写真のように大手工務店の現場もそばにあり、角地で南向きという物件もネットでは出ていませんでした。

私は、この方法で電話を直接かけて、最終的にそこで決まりました。

建築条件付きの土地である事も多いのですが、そこの工務店さんやハウスメーカが気に入れば、思わず安く手に入ることもあります。



全国の優良工務店が探せる【ハウジングバザール】



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

好きな時間に、好きな場所で新しい仕事のカタチ
主婦のための求人応援サイトママワークス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ