管理会社とのつきあい方

マンションの場合、酷い管理会社にあたると、管理費だけをとって、掃除のおじさんやおばちゃんに任せっきりで、担当者もあまり来ないという場合もあります。
そういった場合、管理会社を変えればいいのですが、大抵のマンションは希望者がいない限り、管理組合の役員は一年限りの持ち回り制となっており、管理会社が総会のシナリオまで作っているので、管理組合の役員を腰を据えてやる住人がいないと、管理会社を変えるのは難しいようです。

マンションを買う時にはマンションは造り手と売り手、そして管理会社の事が全て同じ側のように見えますが、まったく関係ない場合が多く、販売が終わってしまえば販売会社は全く関係なくなりますし、一定の年数が経ってしまうと、マンションの建築関係の不具合を管理会社に言っても、即座の対応が難しく、ほとんどの場合、徒労に終わってしまうことが多いようです。

gatag-00011675

特に最初の大規模修繕が11年目で、マンションの建設会社の保証が10年の場合、構造自体に関わるような施工ミスではない限り、その他の明らかな施工が原因だと考えられるミスも保証してくれなく、住民の負担になることも少なくありません。

こういった時の為の管理会社なのですが、たいていの場合、管理会社から建設会社に質問状を送って、『保証期間が過ぎていて対応できません』の返事が来て終わりです。

管理会社の社員の個人の対応力や能力にもよるところも大きいみたいなので、頼りないと思えば、問題が起きる前に管理会社に申し出るべきでしょう。

私が住んでいるマンションに例をとってみると、現在主流のタイル張りのマンションなのですが、このタイルの欠落率が、通常のデーターの10倍以上だったのですが、11年経っているという理由で保証の限りではないの回答でした。

その後、管理会社が何度か文書だけで交渉したようですが、全くダメで、放置しているとタイルの欠落での事故も考えられるので、結果的には住民全体で数百万以上の負担を強いられることになりました。

マンションの住人からすれば、施工業者の責任だと考えますが、たいていの場合、保証の範囲ではなく、受けいられられない場合が多いようです。

gatag-00012663

管理会社はプロなのですから、こういった事態を予測できたのに指摘や改善をしません。

そうなると住民の金額の負担となってしまい、そのタイルが廃盤にでもなっていれば、なるべく近い色のタイルを使うわけですが、まったく一緒でないために、日光の当たり具合に寄っては継ぎはぎだらけの印象になる事も否めなく、マンションの資産価値の低下にもつながるだけでなく、住民にとっては、精神的にダメージを受けることになってしまうこともあるようです。

しっかりした管理会社と契約しているマンションに当たると良いのですが、そうでない場合は早くに考えるべきでしょうが、かなり面倒な手続きを経て、他の住民に同意を得るのは簡単ではないので、せめて、担当者を変えてみてもらうというのも一つの方法かもしれません。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

好きな時間に、好きな場所で新しい仕事のカタチ
主婦のための求人応援サイトママワークス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ