マンションの管理費・積立金・駐車場について

マンションか一戸建てかを前回に書きました→マンションか一戸建てか?

もし、あなたがマンションを選んだなら、管理費や修繕積立金、場合によっては駐車場代も払わなければなりません。

現在の金融緩和政策を受けて、史上空前の低金利、これに特別住宅ローン控除があるので、現金で買う方のが少ないと思われます。(年収3000万以上の方は控除が受けられません。)

gatag-00013269

大規模マンションと小世帯マンション

しかし、いくら低金利で控除が受けられると言っても、住宅ローンと管理費、修繕積立金が重なると、結構な負担となってきています。

それに、新築当時にマンションの修繕積立金も安く設定されている場合も多く、大規模修繕の回数を重ねる毎に、追加金を必要とするマンションも少なくないと聞きます。

管理費や修繕積立金の負担を少なくする方法としては、世帯数の多いマンションを選べば、世帯数の少ないマンションに比べ諸経費は安い傾向にあります。

付帯設備(ジム・ゲストルーム・シアタールーム)が充実しているマンション等は、その限りでない場合もありますが、相対的には世帯数の少ないマンションよりは、この点においては世帯数の多いマンションのが有利だと考えられます。

では、世帯数の少ないマンションが不利ばかりかというと、そうでもありません。

世帯数の少ないマンションは、総会等で住民の総意をとりやすく、すべてにおいてスピーディーに物事が進み、トラブルが起きる確率も少ないようです。

5W2C3213

マンションの駐車場の事情

大規模マンションだと駐車場までの距離が遠くなる場合も多く、特に機械式だと朝の出勤時等の車の出入りが多くなる時間帯は、かなり待たされることもあります。最近は大規模マンションでも自走式が多くなってきてはいますが、そうなると、駐車場までの距離が更に遠くなる傾向にあり、小規模マンションについては、その心配も少なく、戸建て感覚に近いマンションが多いようです。

車通勤や、車を使う頻度が多い人は、待ち時間や距離が、かなりのストレスとなるので、マンションを選ぶと時には、部屋の間取りや階数、眺望に気が取られてしまいがちですが、車を使う頻度の高い方は、駐車場の位置や様式や部屋から駐車場までの距離を、それぞれと同じくらいの比重を置いて選ぶべきでしょう。

車のいらないような地区の駅近や都心の大世帯数のマンションは、そのストレスとも無縁となりますが、その代わりに物件自体の金額が高い傾向にあり、負担が増えるという事になります。

gatag-00013509

マンションの利点

マンションの悪い事ばかり書いているようですが、前にも書いた様にマンションは町内会との関わりとか、日々の家の周りの掃除等もなく煩わしさが少なく快適です。

また、一軒家に比べ、断熱性能が優れている場合が多く、冷暖房費も抑えられる傾向にあります。

セキュリティにおいても、玄関の鍵をかけるだけで、ほぼ安心ですし、防犯カメラ常備や警備会社に任せてあるマンションも多いので、更に安心です。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

好きな時間に、好きな場所で新しい仕事のカタチ
主婦のための求人応援サイトママワークス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ