年齢も一戸建てかマンションかの選択の重要なカギに

建てる時の年齢も選択の重要なカギに

一般的な戸建て住宅の耐用年数は35年と言われています。

現在は、施工技術が進歩しており100年住宅や50年保証、建物がある限り保証するといったメーカーもでてきてはいますが、たいていの場合はそのメーカーが行っているメンテナンスをしたものだけとの注文も付く場合が多いようですし、なかにはオーナーチェンジした時点で終了というメーカーもあります。

資産価値としては、日本はアメリカやヨーロッパと比べて短く、殆どの場合は25年で資産価値が0となります。

後に残るのは、土地の資産価値だけです。

マンションの場合、新築であれば、ほぼ一生住めると考えていいと思います。

一戸建てでも持ちますが、やはり、メンテナンスをしっかりとしなければなりません。

特に震災後に建ったマンションに関しては、一定の基準を保っており、コンクリートのかぶり厚にもよるようですが、ほぼ、一生暮らしていけると考えて差支えがない水準となっています。

将来、買い替えを考えないと限定した場合、20代から40代まではマンションの方が賢明で、50代から上は一戸建ての選択肢となりそうです。

 

gatag-00006655

一軒家は将来どうなるの?

一戸建てを買い、その先を考えるならば、ある程度の資産価値のある土地を買って建てたり、将来、資産価値が上がるような土地であればいいのですが、逆に下がってしまうような土地に建ててしまうと、将来に解体費用が土地の値段より高く、後に残った人の負担となってしまいます。

現在、空き家の解体費用に400万程度かかると言われていますから、将来に売るときに、それ以上の価値のある土地を念頭に入れて建築を考えると良いと思います。

現在、関東の田舎には、土地付きの空き家が無数にあります。

かなり傷んでおり、危険な状態になっている場合もありますが、解体費用が土地価格をうわまってしまい、買い手もつかず、引き継いだ人の大きな負担となっています。

人によっては、タダでもいいからもらってくれという持ち主もいますが、それでさえ、手を挙げる方がいなく、また、民間業者も割に合わないということでやらないし、行政は人出不足でやれないのが現状です。

私の場合、建てる時の年齢、それも、選択する時の大きなカギとなりました。

 

gatag-00011774

私の選択理由はコレ

(共益費×払い続ける年数)+マンションの売却費≧一軒家の購入費orマンションの購入費

勿論、これ以外にも重要な要因はありましたが、資金面で考えた場合

私は上の式で、郊外の一軒家の購入を決めました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

好きな時間に、好きな場所で新しい仕事のカタチ
主婦のための求人応援サイトママワークス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ